バングラデシュ ローカル道

バングラデシュの生活・文化・宗教・バックパッカー・ボランティアなど、幅広い情報を提供するブログ。たまに私生活の情報や独断と偏見の過激な意見も入ります。ご質問やご意見はこちらまで。 info@7seastr.com
<< December 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
 
観光ビザにご注意!
国旗バングラの観光ビザが90日マルチから15日シングルに変わった。理由はよく分からない。現地日本人会でも大問題!として取り上げられている。
以前は空港でビザ発券もしていたが現在は不明。ビザなしで来る予定の人は要確認。確認しても確実でないので要注意!
- | 00:42 | - | -
ボランティア
力車。ノーベル平和賞が送られたチッタゴン出身のユヌス氏。
ボランティアとは、貧しい人に魚を与えることではなく魚の釣り方を教えること、だというのは有名な例え話。ユヌス氏は無担保融資を行い、釣竿を買う資金を提供したといえる。(バングラでは、釣竿の貸し賃が収入の半分を占めることもある) 画期的なシステムである。
- | 21:36 | - | -
チッタゴン ストライキの様子 
ストライキの様子約3年前のチッタゴンのストライキ&デモの様子。橋の上から激写!

くどいようだが、写真の中の人はすべて男。
異様な雰囲気。
- | 21:42 | - | -
ダッカ
ダッカダッカの町の風景。
右下に黒く固まっているのはリキシャの渋滞。バングラに数百万のリキシャドライバーが存在するらしい。
(田舎から出稼ぎに来た人はとりあえずこの職業につく)
バングラは電力不足が深刻だが、すべてのリキシャに充電型発電機をつけたら解決するだろう。。。
- | 22:11 | - | -
〒ポストが3つ
ポストバングラの郵便局の有名な話。
郵便局で葉書を送るとき、窓口で切手の代金を支払ってもまず届かない。
職員が葉書を捨てて、そのお金をポケットに入れてしまうのである。
必ず葉書に切手を貼り、目の前でスタンプを押してもらうべし。スタンプがあるとお金に変えられないからである。
バングラに来た際はご注意を!
- | 00:41 | - | -
スイーツ (甘味)
スイーツバングラ人はとにかく甘いものが大好き。
このスイーツは砂糖水に浸かっているような感じ。かじると甘い汁が溢れ出す。
チャ(ミルクティー)は小さいコップに砂糖小さじ3杯とコンデンスミルクをたっぷり入れる。これを1日5杯飲むのが通常。
しかし、糖尿病になったという話は聞いたことがない。必要なカロリーを砂糖で取っているのか???
- | 00:10 | - | -
この差は何の差???
力車。ダッカには、政府関係者(大使館の人など)の為の免税店があり、ビールを1ドルで買うことができるらしい。
一般人の私は裏マーケットに行き、土の中に埋めてあるビールを2ドルで買わなければならないのに。この差は何の差?
こっちも免税店で買わせてくれればいいのに!!!
(政府批判ではありません。ただの疑問です。)
- | 15:37 | - | -
ゴミ捨て場
ゴミ捨て場やぎや牛の内臓のゴミ捨て場。
近づくと数千匹の蝿が飛び上がる。
匂いはこの世の物とは思えない。
さすがにこれは、片付ける人に同情する。
- | 20:31 | - | -
失業率
魚天日干し写真:魚の天日干し

失業率(’06 10月若しくは11月)
(失業率は働く気があるが、職につけていない人の割合)
イギリス :3.0%
スイス  :3.1%
ニュージー:3.8%
日本   :4.1%
アメリカ :4.4%
カナダ  :6.3%
ユーロ圏 :7.7%
バングラ :22%(’00年)
 (バングラでは、女性はあまり外で働く習慣がない為、数値に入っていない。実質40%といわれている)
失業率の改善が重要課題として挙がっており、当社工場ももっと貢献していきたい。
  
- | 21:34 | - | -