バングラデシュ ローカル道

バングラデシュの生活・文化・宗教・バックパッカー・ボランティアなど、幅広い情報を提供するブログ。たまに私生活の情報や独断と偏見の過激な意見も入ります。ご質問やご意見はこちらまで。 info@7seastr.com
<< May 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
 
ダッカで本の販売開始
地図 本
ダッカで本の販売を開始しました。
GULSHAN 2 にある文房具屋に置いてあります。
価格は800タカ。
勉強される予定のない方も、記念品としてお買い求めください。
- | 20:04 | - | -
鍛冶屋
鍛冶屋
包丁屋の裏に鍛冶屋がある。
男二人がかりで叩いている。
- | 00:49 | - | -
包丁屋
包丁屋
包丁屋。切れ味よし。
- | 03:27 | - | -
インドビザ
インドビザ
外国人はグルシャン1にあるインド大使館に申請後、4営業日後にビザを受け取れる。申請・受け取りは1100〜1200時。外国人用の特別窓口で申請できる。費用はシングルエントリーで844ルピー。

バングラ人は長蛇の列に並ばなければならない。私と一緒に行く予定だったバングラ人は、従業員に朝5時から並ばせたが不可、次の日は夜の12時から並ばせたがそれでも不可。
いつもこんな状態だから、少し前までは取得代行業がおり乞食に並ばせ手数料を取っていたのだが、それは禁止され、基本的に本人が前日から並ばなければならなくなっている。
夜は警察の監視が少ないため従業員に並ばせ、早朝に本人が交代するという作戦をとっているが、それでも体力的な負担は大きい。
いつも1100時頃の門の前は、警官隊と前日から並んでいるにも関わらず少し前で締め切られてしまった者が揉み合っている。
当人には悪いが、少し面白い。
- | 01:44 | - | -
予定が狂った!
唐辛子を摘む少女
前々から予定を立て、ビザを取得し、ドルをインドルピーに換え、荷物を整え、バスのチケットを買い、さてインドへ向け出発しよういう時に、トラベラーズタックスを払っていないことに気がついた。

バングラデシュを陸路で出国するときに掛かる旅行税、300タカ。Sonali Bankで支払わなければならない。ガイドブックや各ホームページには、これを支払っていないばかりに追い返され、近くの町まで戻る羽目になったとある。
私の出国予定は金曜日だったため、銀行の開く日曜日まで国境近くの町で足止めされてしまう。予定が大幅に狂い今週のインド行きは諦め、2週間後に出国することにした。

- | 02:48 | - | -
再びダウキへ
再びダウキへ
明日からタマビル(バングラ側の国境)ーダウキ(インド側の国境)を通り、シーロンを抜け、インドアッサム州のグワハティに行き、そこからさらに奥地へ300km。
旅行記お楽しみに。

ダウキーシーロンに関しては、2007年9月にこのブログで取り上げています。
- | 23:39 | - | -
全バ極真トーナメント
極真
全バングラデシュ極真空手トーナメントがありました。
参加は二十数名。私は不参加。

優勝は100キロ超級の巨漢。
重い突きで相手を圧倒。
- | 19:22 | - | -
スパイス屋
スパイス屋
スパイス屋。
何からできており何に使うのか、分からないものがたくさんある。
- | 21:41 | - | -
ダッカ近くの村へ
村
ダッカ近くの村へ行った。そこはダッカでも有数の危険地区。4,5年前までは、早朝に線路際を通ると死体が数体並べられていたり、道端に人の首が転がっていたりしていたそうだ。治安が安定してきた最近でも、つい二週間前は少女の遺体が池に投げ込まれており、一ヶ月前は強盗団3人が警察に乱射されて血まみれの遺体がテレビで放送されていた。

しかし昼間は普通の田舎の村。子供たちも元気。もちろん暗くなる前に帰ってきた。
- | 00:26 | - | -
本について
CD
言語博士と議論しています。
博士の指摘する間違いの部分は、
間違いの部分もあり、間違いでない部分もあります。
現在すべて検証中です。

科学は否定から始まる という言葉があります。
前の証明を覆してこそ進歩する。
これでいいと思います。
昔は白黒テレビでした。その後ブラウン管が発売され、
今では液晶とプラズマです。
他の否定から良いものを作るからこそよりいいものができる。
教科書も同じと思います。
いいものがないから作ってみる。
そのうち、もっといいものができれば社会にはいいことです。
そうして供給側の進歩が成されます。

くどいようですが、私は言語学の'げ'の字も知りません。
しかし、英語は並み以上に、ベンガリも会話で不自由することはないくらい話せます。そして、少なくとも言語の学び方は知っています。

本に関してのクレームや意見は随時受け付けます。
叱咤や提案等、何でもお送りください。
info@7seastr.com
- | 03:55 | - | -