バングラデシュ ローカル道

バングラデシュの生活・文化・宗教・バックパッカー・ボランティアなど、幅広い情報を提供するブログ。たまに私生活の情報や独断と偏見の過激な意見も入ります。ご質問やご意見はこちらまで。 info@7seastr.com
<< December 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
 
憎しみが表れている?
1月にバングラに旅行される方からご連絡をいただきました。

(前略)ブログをみていると、バングラに対して怒りと憎しみの感情がメチャメチャ強い感じで、はじめてバングラに単身で乗り込むことに不安を感じますが(後略)

このブログは、バングラのローカルの部分を伝え(最近は日記になっていますが・・・)、読者の皆様にバングラの良いところを知っていただくことを目的としているのですが、どうやら悪く伝わっているようです。

憎しみね、う〜ん・・・そうですね、やっぱりありますよね、正直なところ。 私はこう見えても純情なんですわ。受けた仕打ちを思い返すと、今でも腸が煮えくりかえるんですよ。
それでもね、好きな部分もあるんですよ、少しだけだけど。
- | 00:40 | - | -
横転
横転1
横転2
今日はクリスマスイヴ。
今年はサンタさんから、をもらいました。

トラックの助手席に乗り国道4号を走行中、前方から右折車がのろのろ車線に入ってきて、運転手がそれを避けようと急ハンドルを切ると、右側二輪走行、左側二輪走行、そして右側二輪走行と繰り返し、とうとう横転しました。
トラックは破損しましたが、二人とも無傷でした。

関係者の皆様方、ご心配とご迷惑をお掛けし申し訳ございませんでした。
そして、国道の後続車の方々、師走に道路を通行止めにし、師(4)走れずにしてしまいご迷惑をお掛けしました。ここにお詫び申し上げます。

右折してきた白い軽自動車、少しでも罪の意識があるのなら、今からでも遅くない、出てきなさい。今日に限ってイエスはお許しになる。
- | 00:02 | - | -
2冊目
new book
バングラ語の単語帳を出版します。
2010年2月発売予定。

『会話重視!ベンガリを話そう』と一緒に使うと効果的です。
 
- | 23:28 | - | -
リキシャ★ガール
book
ミタリ・パーキンス/作
永瀬比奈/訳
ジェイミー・ホーガン/絵

リキシャってなんだかわかりますか? 人びとが移動するのに利用する乗り物です。この言葉は、日本語の「人力車」が由来です。バングラデシュのリキシャは、運転手が自転車をこぎ、お客さんをのせるシートがついた車をひっぱります。
主人公のナイマは10歳の女の子。バングラデシュの伝統的な絵画アルポナをえがいたら村一番です。でも、いくらアルポナをじょうずにえがけても、お金をかせいで、一日中リキシャをこいで働きづめのお父さんに楽をさせてあげることはできません。「わたしが男の子に生まれていたらなあ……」くちびるをかみしめていたナイマはある計画を思いつきます。ナイマの計画はうまくいくのでしょうか。鈴木出版ウェブサイトより引用

http://www.suzuki-syuppan.co.jp/script/detail.php?id=1050022824

小学生向けの本であるが、所々にリアルな煩わしさの現実が表れています。

ラシダだって大きくなったら、お母さんやおばさんたちから、男の子と話しちゃだめ、っていわれるのよ。いけないことなんだって

女の人やナイマと同じ年頃の女の子の姿はごくわずかです。草の中にさくマリーゴールドの花のように目立っています。みんなが女の人たちをじろじろ見ています。ナイマは大またで歩きながら、そうした視線からのがれられる自由を楽しんでいました。


- | 12:40 | - | -