バングラデシュ ローカル道

バングラデシュの生活・文化・宗教・バックパッカー・ボランティアなど、幅広い情報を提供するブログ。たまに私生活の情報や独断と偏見の過激な意見も入ります。ご質問やご意見はこちらまで。 info@7seastr.com
<< March 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
 
過酷な日々
横転 バングラ
工場建設視察のため、3日に一度ノッシンディという田舎へ行く。片道3時間半で往復7時間。滞在はたったの4時間。

ダッカからバスで往復するのだが、まともに終点まで着くことが少ない。33%の確率で、バスが壊れる、事故で通行止め、渋滞でピクリともせず歩くのいずれかが起こる。

昨日は最悪。
まずはお決まりの渋滞。我慢すること1時間、やっと動き出したと思ったらオーバーヒートで故障。やっと乗り合いタクシーを見つけて走り出したら、目の前でバイクの事故。席の場所取りが悪く、運転席の横でむさくるしいおっさんと半身が重なること30分、おっさんの横腹と私の腕がお互いの熱を吸収し合い、発汗作用を高める。絡み合った汗は私の腕をつたい、ズボンにしみを作る。
書いていて気持ち悪くなってきたので終り。
- | 12:06 | - | -
第二版 会話重視!ベンガリを話そう
ついに第二版が出ました。
第二版
ご注文はアマゾンからお願いします。

第一版でのご要望やご指導を参考にした、改定第二版です。
特に指摘の多かった点を重点的に変更しました。

CDの音質が悪い
TVのアナウンサーを起用し、バングラで一番いいレコーディングハウスを使いました。

紙の質が悪い
光沢紙を使いました。字がとても見やすいです。

製本が悪い
検品を外部委託しました。
苦情はそちらへお願いします。
連絡先は後日お知らせします。

著者の写真が怪しい
すいません。怪しい人間なもので。。。
今回はましな写真を使いました。
これで勘弁してください。
第二版写真

- | 04:00 | - | -
ダッカ空港の手荷物検査
係員「財布の中身を出せ!」
私「何でだ?」
係員「ルールだからだ!」

相手の態度がふてぶてしかったため、持っている金7000タカをテーブルにぶちまけた。
私「何が問題だ?」
係員「外貨持ち出し違反だ。外で両替して来い」
私「そんな話は聞いたことがない」
係員「持ち出しは1000タカまでだ。両替して来い」
私「アホなこと言うな!」
と揉めていると、別の係員が来て言った。
係員2「外貨持ち出しは500タカまでだ。両替して来い。ルールはルールだ」

そして親指と人差し指を擦り合わせる、もっとも憎たらしい動作をしてきた。←賄賂をよこせという仕草 

私「小さいことでガタガタぬかすな!俺に面倒なことをするようなら、同じことを返してやるからな。3分待ってろ!お前ら全員に制裁を加えてやる!」
電話を取り出し、友人へ電話をするふり。
そこで係員は賄賂を諦め、行けという仕草。

ふん、雑魚どもめ。
- | 20:30 | - | -
変なおじさん
タイの友人宅にて

少女「お姉ちゃん、何であのおじさんはひげがいっぱい生えてるの?」

友人女性「あのおじさんはね、ムスリムの国から来た変な人なの」


少女「ふーん。それじゃ、何でスカートはいてるの?」

友人女性「バングラデシュという変な国に住んでるから。男もスカートはくの」


少女「ふーん。それじゃ、何であのおじさんの声はガラガラなの?」

友人女性「空気が汚いところにいるから、喉がおかしくなったんだね」


少女「ふーん。かわいそうだね」


子供にこんな質問しかされない私は、どんだけ怪しいおっさんなんだ???
しかも同情までされとるでないか。 
声は地声なんだけどな。
- | 02:05 | - | -
どこでしょう?
国境
この写真はどこの景色でしょう?

どうせダッカを流れるブリガンガ川でしょう?と思った人、大不正解

そこはもしや外国では?と思った人、小正解

すぐにどこか分かったよ、ラオスでしょ?と答えた方、大大正解

そう、タイ・ラオス国境に行っていました。


バングラのビザ取得のためタイへ。数日暇なため、現地友人にラオスかカンボジアでも行くどー、と誘ったはいいものの、途中で気付いた。「さっき、パスポート預けちまったぢゃねーか!!!」
ということで、タイ側ラオス国境まで行って記念撮影。さすがにボクシーシ(賄賂)では国境は越えられん。
- | 02:56 | - | -